忍者ブログ
えっちぃ山伏 オフィシャルブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
夏になると 簡単に100℃オーバー
夏でなくても厳しい
確実にパワーダウンしちゃう

対策は「ビッグラジエター!」
なんでしょうけど 仕事柄、純正ラジエターを間近に見ている俺としては 社外品の作りの悪さが許せないんですよね。社外品は厚みがあるから性能は良いでしょうけど 純正クオリティーなら もっと薄く出来るよ、重さだって半分だな、マジで!

ということで 社外品に頼らない 最後の対策を施工することに



この顔から 出来るだけ多くの風をラジエターに導くには・・・




勇気を振り絞り・・・やるぞ!




ナンバーホルダーこんな感じに




そして バンパーも加工・・・
もう元には戻れない




バンパー外しついでに白号のとき作ったラジエター下部の隙間を埋めるアルミ板も取り付ける




完成~
サーキットではナンバーを外し穴を開放、
街ではナンバーを付けることにより穴を空けたことが分からない仕様なのだ!

風が直接ラジエターに当たるわけではないけど 多少は効果あるでしょ
結果は夏までお預けということで(^-^)


拍手[1回]

PR
レースで勝つために借りたGTウィング
ずーっと借りっぱなし(笑)


で、トランクに付けるためのブラケットがホームセンターで買ってきた既製品なので GTウィングのスタンドの形状に合ってなくてダサダサ

気に食わなかったので 持ち主に無断で飛び出たところを削ってやった




綺麗に削れました
まぁ喜んでくれるでしょう(笑)

拍手[0回]

今年は2基のエンジンが目の前で壊れた
1台はオイル不足?
もう1台はオーバーヒート?
だと思われる

正直 エンジンが壊れるってのは精神的に辛い
なので どうすれば壊さないか、壊れる前に「気づく」かを考える

オイル不足は「油圧計の見落とし」
オーバーヒートは「水温計の表示お見落とし」
でも レース中に常時メーターを見るなんて 素人にはムリ!

で、結論
「危険はランプでお知らせ!」
走行中 素人レーサーでも常時確認しているメーター、それは「タコメーター」
これにランプを仕込めば 壊れる前に異常を発見出来るかもしれない

水温はファンコントローラーを付けているので そこから指令信号を取れる
油圧は純正メーターから取れそう
ってことで 作業開始!





回路(基板)はこんな感じ、極力小さくしてみた
ランプは自己点滅LEDです

ACCで点灯
ONで水温(W)に電気が流れリレー作動で消灯(指定水温になると電気が切れる、これは騙された)
エンジンかかって油圧が上がると電気が流れてリレー作動 OIL消灯

水温センサー作動(電気が切れる)リレーOFFで点灯
油圧が落ちると電気が切れてリレーOFFで点灯

電気は良くわからんので不安である



部品購入~
送料がもったいないので 多めに色々買ってみた(笑)




出来た!
抵抗がいっぱいあるのは330Ωのみで構成するためのケチケチ作戦!




ハンダが難しい~ そのうち割れそう
どうしても基盤になじまないのだ




これを車にセッティング!




メーターに穴を空けてLEDを差し込む
夜、メーターの明かりがLEDに漏れないように伸縮チューブで塞いでみた




黄色の配線がオイル計の配線、油圧がかかると5Vの電気が流れます
最初12Vだと思ってたから12Vのリレーしか買わなくって失敗した、これも騙された
アースは燃料計の取り付けへ
こちらは12Vなんだよなぁ・・・




完成~!

良いね 良いね!
これで 水温、油圧でもエンジンブローが塞げる!!!
はず・・・(^_^;


LEDが点滅だから2個同時に光っている写真を撮るために 20枚以上撮ったことは裏話(^-^)


拍手[1回]

16年を迎える我がロドスタちゃん
壊れていくのも仕方ない

一般的にコンソールを外すことの多いロドスタですが 外すときに先ずやるのがウィンドウスイッチの取り外し
フックでハマってるだけなんだけど老化してゆくプラスチックの弾力性は乏しく ポキポキと折れてゆく・・・

ということで フックの制作~


弾力性はコンソール側に任せて 固定のフックをプラ板で・・・

完璧!(^-^)


拍手[0回]

16年を迎える我がロドスタちゃん
壊れていくのも仕方ない

とある日 車から出ようとドアノブを引っ張ったら「プチ」という音とともに手応えなくなり開かない・・・
閉じ込められた~(笑)

笑っている場合じゃないっての!
外から開けて内張りを剥がす


折れてるし~



折れた部分はスプリングや その衝撃を受け止めるストッパーになるところ
そんなところに瞬間接着剤使っても また割れちゃう



けど接着(笑)



でも対策はしますよ



ストッパー取り付け~
これでスプリングの力や衝撃がストッパーで受け止め 折れた部分を保護
でも ワイヤーを引っ張る力はかかるから そのうち折れるんだろうな

最終的には新品買えば良いでしょ
でも いつまで部品が出るのかな・・・(^_^;)

拍手[1回]

とある日に エンジン壊れました・・・

原因はというと


このホースが破け 冷却水無くなり 気付かづ走ってしまったから
だと思われる
このホース、実はのすっこ号も破けたのよねぇ
危険って知ってて交換しなかった俺のミスだ


そんなに迷うことなくエンジン載せ換えを決断
が、BP-VEエンジンって結構ないんですよ~
みんなNAに乗せたりしちゃうもんだから もう~(笑)

で、仲間の力を借りて手に入れたエンジン
これが見た目がとてつもなくボロい!
もう 見るのも怖く写真も撮る気にならなかった(笑)
でも中身は5万キロなんだそう

このボロいエンジンをそのまま乗せるのは怖すぎです
ということで ツギハギエンジンにしてもらうことに
壊れたエンジンの綺麗な使えるところを移植です
それとついでにゴムパーツ、ベアリング、センサー関係総取っ替え!
ん~ 大変そう・・・迷惑なお客でゴメンなさい

で、1.5ヶ月経って ようやく完成~!


残骸 その1



残骸 その2
インマニ汚いでしょ、エンジン全体こんな感じだったのよ



そして交換したパーツは こんだけ~(笑)


乗ってみると なんだかエンジンが スゲ~スムーズなんだが!
1.5ヶ月のブランクあるので 気のせいかもですが・・・


長い間 車のない生活してて 車の存在を忘れかけ始めてた
けど、暇なのよ~
車遊びしなくとも 行動範囲がメチャ狭くなる



やっぱ俺にはロードスターが無いとダメらしい(^-^)

拍手[1回]

「パワーウィンドウの動きが悪いよ」と指摘を受けたのでグリスアップなど


内張り剥がすと すでに剥がした形跡が・・・


レールにピングの文字が、交換済み?
ベトベト糊で貼られたビニールの剥がし方が適当で敗れちゃってるし 下の方なんか ちゃんと貼らずに塞いだせいで ホコリでベトベト無くなってくっついてないし まったく・・・適当な修理すんなよ~




グリースたっぷり(^-^)




これは窓ガラス上昇限のストッパ
粉々に砕けはじめてたので 適当なゴムシートを両面テープで止めて修復



助手席側もグリースアップ
こっちは剥がした形跡なし


しかし ツィーターの配線が刺さってなく、刺した形跡さえ無し・・・
マツダさ~ん、しっかりしてくださいよ~
しかし15年も誰も気付かなかったとは・・・

コネクター刺したら 音が広がる~
やっぱ違うね!




最後にドアの拭き掃除
大変良くできました(^-^)



拍手[2回]

お金をかけずに楽しむのがモットーなカイカン。チーム、
かかるのはタイヤとブレーキパットで5割以上か?

今回は中古の71Rを頂いたので 71Rで走ってみた
フロントは2レース目
リヤは新品でレース開始


で、こんな感じ
左前の外べり、右前の内べりは想定内
けど キャンバー付けたほうが良いんだろうなぁ・・・
一応 スリップサインは出てないっすよ(笑)

リヤ右は全然減ってない!
しかし左は思ったより減ってしまった~これは想定外
最終コーナーで酷使したからな~
次のレースの車検は通らないかな?・・・


ブレーキパットは ワンランク下げたいところだが


キャリパー温度は230℃行かないくらい
まぁマツ耐だけで上がった訳ではないんだが・・・

230℃を超えるとダメらしい
ギリギリの走行ってことですね、それじゃランク下げるのは危険かな?
マツ耐ならOK?

流石に毎レース 湯水のように消えていくお札を見てると こんなんで良いのだろうか? と思わずにいられないケチケチえっちぃなのであった


拍手[2回]

最近 エンジンの下回りが油っぽい
どっかから滴ってるっぽい~


色々探った結果、オイルアタッチメントが怪しいということでパッキン交換することに

大きさを測ってホームセンターで購入
いざ 交換しようとバラしたら「径が全然違う~!」
調べてみるとJISではない
他も調べてみても どうも規格にあったサイズが無い・・・専用品?
しょうがないのでメーカー品をネットで買おうと思うも パッキン200円に対し送料1000円って感じ・・・

ならばとショップで取り寄せてもらったら 結局送料取られました・・・
HPIの商品を頻繁に納入してるショップなら送料無料もあったかもだが まぁしゃあない


で、交換


パッキンの太さが全然違う! 膨張するんですね~


交換終了~
これで直ってくれないと かなり困るなぁ・・・


拍手[2回]

雨漏りがひどくなったので幌を外して修理



プラスティックは古くなるとパキパキ割るのだ・・・


ということで ホームセンターで修理に活用出来そうなものを物色


これ、使えんじゃね?
でも本来何に使うテープなんだろう?




完璧に治すためバラします
リベット外しちゃえ




バラしちまった・・・もう戻れない




で、継ぎ目無く全面をテープで貼っちゃう
これで水が漏れるなんてことありえない!・・・ハズ



で、もらったリベッターを 早速使用して元通り!

これでも雨漏りしたら・・・ハードトップのまま~とはしません
また直しますよ~

だってオープンだから ロードスターなんですから(^-^)


拍手[3回]

プロフィール
HN: 
えっちぃ山伏
自己紹介:
やらず嫌いはしない
チャンスがあれば やってみる
それがオイラのモットーです
カレンダー
01

03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
最新コメント
[10/17 トンボ@横浜市在住]
[10/13 トンボ@横浜市在住]
[10/03 はっちー]
[09/14 名前書いてね]
[08/09 パギ]
最新トラックバック
管理画面
カウンター
忍者ブログ [PR]